トップページ   >   クラウドファンディング第1弾!!白河産コシヒカリを応援したい!!

クラウドファンディング第1弾!!白河産コシヒカリを応援したい!!

35%

集まっている金額

35,000

目標金額 100,000円

サポーター

8

期限

掲載終了

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターが特典を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

「白河産コシヒカリ」を全国に広めるためのご支援募集です!!

こんにちは。ふるさとモラタメ編集部です。

この度、ふるさとモラタメでも
クラウドファンディングを始めることとなりました。

「クラウドファンディングって何?」
なんてことが頭に浮かんだ方もいらっしゃるかと思いますが
そのような方は、グーグル先生やウィキペディア先生に
頼っていただくとして。。。

ともかく、ふるさとモラタメでの
クラウドファンディング第1弾のテーマは

白河産コシヒカリを応援したい!!




です。

ということで、まずは、白河市の紹介を。。。

福島県白河市は、福島県中通り南部に位置しています。
鼠ヶ関(ねずがせき)・勿来関(なこそのせき)とともに
奥州三関の一つに数えられる「白河の関」があり
昔から「みちのく」の玄関口として
歴史的・地理的ともに、重要な位置を占めていました。

歴史好きの方でしたら
奥州関門の名城として知られた小峰城や
名君・松平定信公が築造した日本最古の公園である南湖公園など
を御存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
あるいは、戊辰戦争での激戦地の一つとして
白河市を御存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、白河と言えば、「白河だるま」を思いつく方もいらっしゃるかもしれません。


 




白河だるまは、江戸時代後期(約200年前)ごろ


時の白河城主であり、寛政の改革で有名な松平定信公の


「市民の生活をより元気に」という想いから


幸運をもたらす縁起物として誕生しました。

また、定信公のお抱え絵師としても名高い谷文晁が


だるまの顔を描いて手本に与えたと伝えられており


市神祭(旧正月14日の初市)で売られる縁起物として名を広めました。

白河だるまの最大の特徴は、幸運の象徴とされている


「鶴亀松竹梅」が顔の中に描写されていることです。

今どきは、だるまというと選挙なんかが思いつきますが
夢や希望に向かって頑張る人のそばで応援する。
それが、白河だるまの姿だったりします。

ともかく、お米の話に戻りますが、白河市は、地理や気候的に、お米作りに適した土地でもあるのです。
というのも、那須甲子連峰を源とする阿武隈川からのミネラル豊富な水の恵みがあり
その下流域には肥沃な大地が広がっています。


 




また、米づくりに最も大切な時期である、穂の発育から登孰期の気候は
日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという日較差が大きく
そのお蔭でイネは大地に力強く根を張るようになり、
その根からお水と栄養をしっかり吸収することで
美味しいお米が実るようになります。

ちなみに、せっかくの第一弾なので
モラタメ会員で福島在住の方にも
今回の商品についてヒアリングしたところ
こんな熱い御返信を頂きました!




コメの良さは水の良さ。
そして気温の寒暖差がおいしいコメを作ります。
コメだけでもおいしさを感じます。
食べてみればわかります。
おいしいおコメをぜひ一度!

白河は水がおいしいのでお米もとてもおいしいです。
甘くて香りのよいお米だと思いますので
1度食べてみれば違いが分かるかも?

阿武隈川の源流から流れる水が美味しいお米を育てていると思います。
自然豊かな福島だからこそできる名産品
ぜひ多くの方々にお試し頂きたいと思います。




ご投稿頂いた皆さま、有難う御座いました!!


 




ここで改めて、今回の趣旨の御説明です。

今回は、白河産コシヒカリの販売促進のための費用を集めるためのプロジェクトです。
出資金に関しては、3,000円コース~8,000円コースの4種類をご用意しております。

ふるさとモラタメのクラウドファンディング第1弾となる今回の企画。
皆さまの御力添えで白河産コシヒカリを全国に広めていくお手伝いが出来ればと思いますので
ご支援の程、宜しくお願い致します。

白河市産米需要拡大推進協議会

特典を選ぶ

  • 只今お申込みできる特典はありません

特典を選ぶ

  • 只今お申込みできる特典はありません

  • 只今掲載中の活動レポートはありません

サポーター8人/応援コメント4件
  • きのぺた

    2018-09-30

    福島 がんばれー!

  • まゆみん3712

    2018-09-22

    母が、東北出身である事。息子が来春まで、福島の大学でお世話になっている事。そして、中学校のPTA会長で卒業式の祝辞を述べた日が、あの3.11.だった事。4人の子育てや仕事で色々な試練はあったが、皆無事に生活出来、社会人となる事。
    三陸産の大好きだった和田商店さんの鮭、1度は復活したものの、少ししたら生協から2度とない物となってしまいました。残念でしょうがありませんでした。
    中通り、という言葉…有名になってしまったけど…少しでも、応援で出来たら…と思います。頑張れ‼︎福島‼︎

  • ぽいと

    2018-09-18

    商品到着を楽しみにしてます。頑張って下さい。応援しています。

  • 豊島ももの

    2018-09-09